家のにおいって気にしたことありますか?意外と気づかない家のにおいはどこからするのか。家に生活臭をつけない為の大事な3つの事!すぐに実践できるか見てみましょう!

 

こんにちは! くうこです。

 

実家に帰って、自宅に戻ると、必ず娘に『おばあちゃんちに行ったでしょう』って言われます。

どうやら私の着ている服から、おばあちゃんちのにおいがするそう。

 

別にそんなに気にしていなかったんだけど…。

 

この前、お友達の家にいって、自分の家に帰ってきたとき、

なんか、いつもと違うにおいが服からするのに気が付きました。

 

バックを持って行ったんだけど、ばっちり服と同じにおいがしました。

多分このにおいは、柔軟剤の匂いなんだけど、

私が、あまり得意じゃないにおいだったのですぐ着替えました。

 

でも、友達の家にいるときはどうもなかったんだけどな…。

 

そう思ったら、自分の家のにおいってどんなだろうって…、ふと疑問に思いました。

でも今までにも、いろんな人の家に行ってもにおいのない家ってのもあるし…。

 

★意外と気づかない、自分の家のにおい

 

そこに住んでいる人は気づかないけど、外から来た人が感じる独特のにおい

それって「生活臭」って呼ぶそう。

 

建物自体、リビングやキッチン、玄関、子供部屋、洗面所など。

ニオイの残る食事やタバコ、ペット、生ごみ、油、汗、靴、汚れた洗濯物、排水口等

部屋においては、カーテンやクッション、ソファににおいが染み付いてしまいます。

 

紙や布にもにおいは移りやすいですよね。

これらのニオイが交じり合って、生活臭という嫌なにおいを発しているそう…。

 

うちの、旦那さんは、嗅覚がするどい!

以前住んでいた家を最初に見に行った時、

家のにおいが嫌だと言っていた。

 

開けた瞬間、へんなにおいがするんだそう。

私はそれほど気にはなりませんでしたが…

それでも子供達の通学を考えてずっと住んでましたけど…。

 

家で晩酌する時も水が美味しくなくなると言っていた!

鋭い嗅覚にビックリ!!!

 

今の家に引越した決め手は、においがしなかった という事でした。

窓がたくさんあって換気し放題というところ。

 

★家に生活臭をつけない為の大事な3つの事!

 

★一番大事な事は換気をすること。

とにかく、家の匂いというものがしないように換気をよくする。

 

きちんと風がぬけるように窓の開け方を工夫する。

1箇所だけ開けても風はぬけない。

 

空気が循環しやすいように、相対する方向の窓を開ける事が重要。

障子、キッチン下、タンス、靴箱は扉を開けて空気の入れ替えをする。

★悪臭の原因がはっきりしているもの、生ごみや洗濯物、ニオイの染み付いたものは

素早く取り除く。

 

ダンボール、紙などもニオイが移りやすい。物をためこまない。

押入れ等、物を詰め込みすぎない。

★消臭剤や芳香剤、空気清浄機を使う。

消臭剤や芳香剤など、いろいろな種類が販売されていますが、

用途に合わせたものを使うようにする。

 

ニオイのきついものを使うと、逆に生活臭と混ざり

変なニオイになる場合もある。選び方がとても大事です。

 

最近の空気清浄機は高性能なものが多いので、芳香剤等でごまかすよりは

効果的なのかも知れませんね。

 

今の家では、空気が循環しやすいように換気をしっかり、不要な物をためないようにして

生活臭がつかないよう気をつけたいと思います!