黄昏流星群がいよいよクライマックスを向かえます。それぞれの恋の行方はどのような方向へ向かっていくのでしょうか。

みんながそれぞれのパートナーと新たな人生を歩むのか。

それとも…。

 

☆第9話のながれ

【完治】 → 目黒が自分の前から姿を消し、メールを送るが返事が来ない。
そんな中、真璃子(妻)にも家を出て行かれ、ひとり取り残させてしまう。

 

若葉銀行から復職の話がある中、今の仕事(荻野倉庫)にやりがいを感じ始めていた完治。
若葉銀行に戻るか、このまま荻野倉庫に残るか迷っていた。

・・・そんなとき昼休み、屋上で川本課長(礼二・中川家)にかけられた言葉をきっかけに、若葉銀行に戻る決断をする。

 

『 おまえはこんな、ちっちゃいところで終わる男じゃない!! 』

礼二、かっこいい〜 (*^-^*)♪

 

最初はあんなに、完治のことを嫌って 「銀行さん、銀行さん」 ってイヤミな呼び方してたのにぃ(笑)
ドラマが日常では考えられない事の連続なだけに・・・

【最初はめちゃくちゃイヤミな人が最後は、いい人になる。】というドラマでは定番な展開です(笑)

礼二は “いいおっちゃん!でいて欲しい〜”という私の願望通り。

ほっとひと安心です(*^^*)

 

最近のドラマはいろいろな芸人さんが出演されてますが、いい味出していますよね(^o^)

 

【真璃子】 → 目黒の存在を知っている事を、完治に打ち明ける。
以前、完治が残業の休憩中に幸せそうな顔をして目黒と一緒にいる姿を見て 「私も別の生き方を考えてみたくなった」 と完治に話し、家を出て友人の水原 聡美のマンションへ向かう。

でも聡美から「結婚する」と話を聞き、自分の存在が邪魔になると気づかいマンションを後にする。

 

マンションを出て、行く当てもなく街をさまよっていると、母親の介護で疲れきった様子の春輝(藤井流星)がベンチに腰掛けているのを偶然見かける。

 

真璃子は日野家を訪ね、春輝の母の面倒や家事を行い、徐々に春輝が元気を取り戻す。
そして、真理子と春輝の母も次第に仲良くなり、うちとけ始めていた矢先、真璃子と春輝が日野家でキスをしているところを母に見られてしまう・・・。

 

まぁ、普通は塩をまかれた家に、なかなか出向けないですよね(^^;)
それに、真璃子と春輝の母が仲良く・・・ってのも、絶対にありえな〜い(笑)
普通に家に母が居るのにキスしちゃってるし(笑)

 

【目黒】 → 食堂での仕事を辞めて完治の前から姿を消し、どこかの漁港で働くことに。
糖尿病からくる目の失明が少しずつ進行していく。

 

なぜ、目黒は完治の前から姿を消した??

やっぱり愛する人に自分の病気の事を含め、迷惑をかけられないから?
その気持ちわかる気がします!!
でも・・・でも、やっぱり・・・どういう状況になっても、わたしは好きな人と、最後まで一緒に寄り添いたいと思います。

 

☆いよいよ最終回どうなってしまうの??

【完治】→ 銀行に復帰し、不正融資の内部調査委員会の委員長を任される。
そんな矢先、同期の融資部長の井上が自殺を図る・・・
同期の井上部長が不正融資に絡んでいたのか??

スポンサードリンク

 

【真璃子】 → 春輝と、春輝の母親をホスピスに送る。
そこで、春輝の母に「これまでのことを感謝している。」と、言われるが一方で「息子、春輝との関係は今日で終わりにしてほしい。」と言われる。
真璃子は他に行くところも無く、完治のもとへ戻ることに。

 

もう春輝のことは良いの?春輝はまだ、真璃子のこと想ってるよ・・・
完治のところに戻って、またやり直せるの?? って、感じですね(^_^;)

 

☆それぞれ気になる恋の行方・・・

恋の行方に全く関係しない川本課長が、カッコいいセリフに加えてラグビーネタまで(笑)と印象的な第9話でしたが(*^^*)
いよいよ次週12月13日(木)で最終回を向かえます。どのような結末が待っているのでしょうか。

 

長年、連れ添った夫婦のキズナが勝るのか・・・
完治は目黒に逢うことが出来るの??
真璃子は完治のもとから離れ、得意のパン作りを生かしてパン屋さんをオープン!?
完治の娘(美咲)はこのまま戸浪教授と一緒になるの?

 

現実的にはありえない設定が目白押しでしたが、きれいな終わり方になるのか、

はたまた、いろいろあったけど、モトサヤで…的な展開が待っているのか…。

絶対に見逃せない最終回になりそうですね♪

わたしは・・・やっぱり完治と目黒に一緒になってもらいたいです(*^^*)♪♪