豊田 倫之亮君は小学6年生にして、全国大会で何度も優勝する凄いお相撲さんで将来は最年少横綱を目指して日々努力しています。
角界からも注目されている豊田 倫之亮君の生まれた所や対戦成績、プロフィールやエピソード等をまとめてみました。

 

広告

豊田 倫之亮君のプロフィール


とよた りんのすけ

出身:鹿児島県徳之島
身長:160センチ
体重:90kg
好きな力士:明生

2020年 現在は小学6年生(亀津小)

生まれたときの体重は2,492g
(今の身体つきからは想像できないですね)

7つ上のお兄さんの影響で相撲をはじめたそうですよ。
初土俵は1歳半! めちゃめちゃ早いですね!

倫之亮くんは小学生にあがるとめきめき才能が開花しました。

小学2年生で早くも日本一になったんですよ!
2017年 白鵬杯 2年生の部 優勝
2018年 白鵬杯 3年生の部 優勝
2連覇を達成しています。

学校での倫之亮くんはどんな感じなの?

倫之亮くんはクラスの人気者です♪
身体が他の子に比べるとビックリするほど大きいですけど
給食のおかずジャンケンとかの映像はとってもかわいらしかったです(*^^*)

 

担任の先生いわく、倫之亮くんはいつも堂々としていて、率先してなんでも自分からやってくれるそう。みんなからの信頼も厚いそうです。

 

豊田 倫之亮君の過去の成績は?

倫之亮君が得意としているのは「押し相撲」で
立ち合いから相手を一気に土俵際まで追いつめていくスタイル。

 

練習を重ねると、どんどん強くなってうれしくなり、そこから自分でもやる気になったんだそう。

そんな倫之亮くんですが、小学4年生の白鵬杯ではモンゴル選手に負けてしまい残念ながら準優勝という成績でした。

 

白鵬杯とは、全国の小中学生と13の国と地域の代表選手
総勢約1100人が出場するオープントーナメントの事。

 

5年生になってからは
全日本小学生相撲優勝大会 優勝
わんぱく相撲全国大会 優勝
すでに2冠を達成しているんです。

 

徳之島は昔から相撲が盛んな島


鹿児島県徳之島の人口は約22,000人

昔から相撲が盛んで徳之島から横綱も誕生しています!


1950年代 初代 若乃花らとしのぎを削った名横綱の朝潮(3代目)

現在は、

徳之武藏 東三段目十七枚目

魁禅 西三段目三十九枚目

朝ノ島 東序二段九十四枚目

3人の力士が角界入りしています。

 

広告

豊田 倫之亮くんの強さの秘密、ライバルはいるの?

倫之亮くん強さの秘密は、同じ出身地のライバルの存在が大きく影響しています。

 

徳之島には3つの相撲クラブがあり、倫之亮くんは一番歴史の長い「徳之島相撲クラブ」に所属しています。


所属人数5人 全国優勝クラスは倫之亮くんのみ。
全員揃わないことも多く、体格も力量も差があるため、練習相手は主にOBのコーチの胸をかりているそう。

 

なので毎回、大会1週間前になると練習相手を求め奄美大島に向かいます。
1年間で大会前を中心に年8回。
単身一人で2時間半の船旅を小学2年生からずっと続けています。

 

なぜ奄美大島に向かうのかというと、
この奄美大島に格好の練習相手がいるからです。

 

重村 鴻之介くんといって
ほとんど倫之亮くんと体格が同じで、年齢も同じ小学6年生(古仁屋小)

重村君のお父さんが監督を務める「瀬戸内少年相撲クラブ」に、全国トップレベルの重村くんと肌をあわせるため単身出稽古に出向いているんです。

 

重村 鴻之介くん(小6)
(しげむら こうのすけ)
出身:鹿児島県奄美大島
身長:161センチ
体重:85kg
好きな力士:第58代横綱 千代の富士

 

2018年のわんぱく相撲の鹿児島予選で重村くんと対戦して倫之亮くんが負けてしまい、重村くんがそのまま日本一に輝きました。

二人の出会いはいつごろだったの?

二人とも土俵ではライバル心むき出しだけど、土俵の外では大の仲良しです。

 

この二人はいつ頃出会ったかというと、2014年、当時6歳頃に開催された大会をお互い見に来ていて、知り合い仲良しになったそうです。

 

重村くんは出稽古で、倫之亮くんが奄美大島にフェリーで到着すると毎回必ず港にお出迎えしてくれています。
滞在中は重村家に宿泊し寝食ともに生活しています。

 

二人の友情の深さを物語るエピソードがあって、

一昨年の全国大会に出場していた時のこと、

試合前に倫之亮くんが緊張でガチガチになっていた時に、

重村くんが、『お前は緊張しなくていい。逆に相手の選手の方が

お前と当たるから緊張しているはずだから』と声を掛けてくれ

倫之亮くんの緊張がほぐれて、いつも通りの相撲がとれたそう。


土俵をおりれば惜しみないエールを送りあう、絵に描いたような良きライバルであり親友ですよね!

 

ほんとドラマのような素敵なエピソードです。

倫之亮くんが優勝したい! もう一つの想い。

徳之島だから遠征代もばかにならない。

けど、お母さんがそれでもお金を出して、遠征に行かせてくれる事にとても感謝しています。

 

倫之亮くんのお母さんは保険の外交員をしながら
3人の子供を育てるシングルマザーです。


ひとりで3人のお子さんを育てるなんて凄いの一言です。
遠征費、とても痛い出費ですけど、それでも
お母さんは倫之亮くんに相撲を取らせてあげたかったんですね。
ほんとパワフルママです!

 

お相撲さんの食事といえば、高カロリーを大量摂取して身体を大きくしないといけないイメージなんですけど、倫之亮くんのいつもの食事は白米を食べさせていません。

 

じつは、煮物とか野菜が中心のヘルシー食事なんです。

さらに糖分を吸収しづらい冷えた麦ごはん。足りない分は野菜ドリンクでお腹を膨らましているんだそう。

お母さんがここまでヘルシーな食事にこだわる理由とは?

約一年前、倫之亮くんは血液検査で「脂肪肝」と診断されて、糖度の数値が高いとお医者さんに言われたそうなんです。


お母さんは、自分の作る食事がいけなかったんだ…。
なんで、こんな食べさせ方したんだろうと落ち込み、これをきっかけに、お母さんなりに栄養のことを勉強して今の健康食にしていきました。


倫之亮くんは当初、食事の量を減らされて怒ってすねたりしていましたけど、
自身も力士生活を長く続けたいから気をつけるようになったと言っています。


お母さんの努力もあり、数値も正常に戻り、今ではすっかり健康体になったんだそう。

 

健康管理やいろいろとサポートしてくれたお母さんへの恩返しに優勝をプレゼントしたいそうです。

 

倫之亮くん3冠達成なるか!白鵬杯の結果は?

じつは、この2人過去に全国大会で直接対決したことが一度もないそうで

共通の夢が「決勝で共に戦いたい!」と願い日々鍛錬しているそうです。

 

第10回 白鵬杯は地方予選なしの全国大会。

白鵬杯とは、全国の小中学生と13の国と地域の代表選手
総勢約1100人が出場するオープントーナメントの事。

国内だけではなく、世界中から強者が集う大会。

 

予選は8つのブロックにわかれてトーナメント方式で戦い、決勝トーナメントに勝ち上がった、各ブロックの優勝者8人が本土俵で取り組みが行われる。

 

ライバル重村君は反対の山に入り順調に勝ち続け、倫之亮くんも勝ち続け、決勝で念願の直接対決となりました。


重村くんとの決勝戦。互角に戦う二人の手に汗にぎる決勝戦の結果は…。


上手投げで倫之亮くんが優勝しました。

 

二人は握手をして、言葉こそ交わしませんでしたが、心の中で健闘をたたえあった事でしょう。

 

この白鵬杯で、倫之亮くんは目標としていた初の3冠を達成しました!

倫之亮くんの将来の夢

倫之亮くんの夢は最年少横綱になることなんです。
あと10年…。

これまでの伝説の横綱
歴代1位の北の湖が21歳2ケ月。
歴代2位の大鵬が21歳3か月。

 

最年少横綱の記録を更新して、横綱になることが夢なんだそう!

 

ドラマになりそうなエピソードや素敵なライバル存在。
そんな豊田倫之亮くんから目が離せません。


これからも成長も見守っていきたいと思います!
頑張れ!倫之亮くん(*^^*)

広告